2011年12月07日

笑うな!★無駄なものが多すぎる(2)

私は家でも職場でも無駄だと思われているが、さすがに「邪魔者」とまで思われるのはわずか3日に1日程度である。

私でも役に立つことはある。

たとえば、給料をもらってくる、棚を修理する、懇親会の参加費を払う、定期券を更新するなどの点では、不十分ながら役に立っている。


しかし、これらの役割を果たすものでありさえすれば、誰でもいいし、ロボットでもいいのだ。

私である必要はない。

たまたま私が従順に役割を果たす「都合のいい男」だというだけのことだ(それにロボットと違って、私は無料である。)


必要なのは私が果たしている役割であって、私自身ではない。

実際、私が与えられた役割を果たさなかったら、生かしておいてもらえるかどうか疑問である。



【ジョーク集・一生笑えるジョーク・傑作ジョーク集、世界の日本人ジョーク集】


posted by ホーライ at 07:14| Comment(0) | 哲学教授のジョーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月29日

★無駄なものが多すぎる

先日、初めてしったが、腕時計の竜頭(りゅうず)を引っ張っておくと、その間、時計は動きを止めて、電池の消耗が防げるという。

腕時計は3つもっており、使っていない時計も無駄に時刻を表示しているのがもったいないと常々思っていた。

電池くらいと言われるかもしれないが、私の持っている時計はどれも、電池一個の値段と大差ないのだ。


この方法を利用して、夜眠っている間など、時計を使っていないときは竜頭を引いておくようにすれば電池が節約できる。

昼間だってそうだ。

どうせ時計を見るのは1日に数回しかないのだ。

その数回のときだけ人に時間を聞くなりして時刻を合わせればいいのだ。

時計を見ない習慣をつければ、電池も時計も不要になる。


それにしても、無駄なものが多すぎる。

たとえば歩道など、足の踏むところ以外は必要ない。

畳のヘリ程度のものが2、3本あればよいのだ。


風呂の湯にしても、実際に必要なのは、身体に接触している厚さ1mmほどの部分だけであって、それ以外の湯は不要である。


最近、電化製品が多機能化しているが、多機能電話など、使っている機能5%で残りは無駄になっている。

どうせなら、1台の電話で洗濯も冷凍も加熱もできるぐらい多機能化してほしいものだ。

そこまで進化したら、通信機能なんかどうでもいい。




図書館や書店には多くの本があるが、ほとんど無駄ではないかと思う。

「ミミズの捕獲と調理の実際」といった本があっても、誰も読まないだろう。

その証拠にそういう本は出ていない。(「火星人の捕獲と調理の実際」という本ならまだ読むかもしれない。)




買った本でも読まないのがいっぱいある。

無駄にしないためには200歳まで読み続けるしかない。

とてもそんなに長生きはできないから、十年分の本は無駄になる計算だ。

そもそも買った本を読むのに一生を費やすこと自体、人生をムダに使っている気がする。




料理にしても、必要なのは、おいしさと栄養だけだろう。

それ以外は不要である。

もしそれが薬で足りるようになれば、普通の料理はほとんど無駄な部分からできていることが分かるだろう。



食事が薬になったら歯が退化してしまう。

と心配する人もいるかもしれないが、歯でも何でも不要だから、退化するのだ。

現に親しらずなど、一生はえない若者が増えているという。(まったく親知らずのやつらだ。)

十分に進化すれば不要な部分が取り除かれ、最終的には無駄な部分をそぎ落とした、機能的な美しさを持った人間が完成するだろう。

その人間は、歯、盲腸、毛髪などをもたないものになる。




そもそも人体では無駄なのはムダ毛や脂肪だけではない。

脳の大部分は使われていないし、使っている部分もくだらないことに使われている。

十分に活用しているのは胃腸と口くらいだ。

それならアメーバーやゾウリムシのような単純な形で十分である。




こういう考え方に反対する人がいる。

その考え方によれば「この世にあるものは何ひとつとして無駄なものはない。鼻は眼鏡をのせるためにあるし、目は目医者とその家族のためにある」というのである。

この立場は「この世は無駄なばかりだ」という私の主張と鋭く対立している(私のまわりには、私に鋭く対立するものばかりだ。)

しかし、どうして私の考えの正しさが認められないのか、理解に苦しむところである。


私という実例を見れば、少なくともこの世にひとつのは無駄なものがあることは明らかなはずだ。




posted by ホーライ at 03:50| Comment(0) | 哲学教授のジョーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。